2014年早春、国の重要文化財、布引観音観音堂前の剪定作業風景。

伸びすぎた木で観音堂が見えないため、支障木の伐採や剪定をしたもの。

下には仁王堂、古い石垣などがあるため、ほとんどが吊りおろし。

崖地で足場の悪い場所の作業は、困難でやりがいのあるものでした。