土の中に保存しておいたジャガイモ

 昨年秋、畑の土の中に穴を掘り保存しておいたジャガイモの種を掘り出しました。しっかり藁や土をかけておいたので凍結することもなく、春になり地温が上がってきてわずかに目が出始めてきておりちょうど良いタイミングで掘り出すことができました。この保存方法は先人からの伝承技術で誠によく考えたものだと感心しております。

 ジャガイモは御牧ヶ原の粘土で育つため肌が白く、かつては「白いも」という銘柄で関西方面にたくさん出荷されていました。今は生産者が高齢化して生産量は少なくなっていますが、その美味しさは知る人ぞ知るものです。

 さあ、いよいよ農作業も始まります。忙しくなってきたぞ!