どうらくオルガン

春の陽ざしを浴びて丘の上に何やら奇怪なものができてきました。

昨年秋から何回も新潟県十日町の山あいの集落に足を運び、解体し御牧ヶ原に運んで復元をしている「どうらくオルガン」です。

オルガンというのですからこれでも楽器です。さて、どんな音が出てくるのやら。現在仕込みの真っ最中。一般公開が楽しみですね。

復元作業の様子は「読書の森」のホームページで!

それにしてもよくこんな形のものを考えついたもんだなあ。