ハルサキヤマガラシ

近年、御牧ヶ原でも見かけるようになった植物。黄色い花を咲かせて群生するので綺麗なんですが、外来植物で繁殖力がとても旺盛です。近い将来この植物が増えすぎて、今まであった御牧ヶ原由来の植物に影響を与えなければよいがと危惧されます。

宿根草で根は地中深く潜り込んでぬこうとしてもなかなか抜けません。地上部の茎を引っ張ると根の上から簡単に切れてしまい根っこはそのまま残り、またその株から新芽が生えてきます。根っこは毎年太り続けて、ますます抜けにくくなります。もちろん地上部を刈り取っても同じこと。駆除するのはまことに厄介な植物です。