ドラム缶ストーブ

薪作り作業は北風が吹きさらす寒い場所で行っています。

風よけの掘っ立て小屋を立てて作業していますが、暖をとるところもほしいのでドラム缶利用で薪ストーブを作ってみました。

簡単にでき、暖かいのでつくり方を紹介しますね。

(底なしの作業現場向きですから家の中では使えないです)

 

1 ドラム缶の加工

(1)ドラム缶の切断

 ①ドラム缶をグラインダーかジグソーなどで半分に切る。

 ②焚き口を切り取る。

 ③煙突用の穴を切り取る。(煙突の直径より1~2ミリ小さめ)

(2)焚き口の加工

 ①切り抜いた部分を蝶番で取り付ける。

  取り付けは鉄板ビスで簡単にできます。

  隙間があいても気にしない。そこが空気の入口になります。

 ②取っ手の取り付け

  鉄板ビスで取り付ける

 

2 設置台をつくる

①軽量ブロックを12個用意する。

②6個ずつ2段に積む。

 これでドラム缶が乗るちょうどよい大きさになります。

 (ギリギリなので、余裕を持たせるにはもう1列積む)

 

3 ドラム缶の設置

①加工したドラム缶をブロックの上に乗せる。

②ドラム缶の底に土を5cm位入れて敷きならす。(できれば粘土)

 これでブロックが熱で痛みにくくなる。

 

4 煙突の取り付け

 ①L字金具を四方に鉄板ビスで取り付ける。

 ②煙突を鉄板ビスで取り付ける。

  少しの隙間があいても気にしない。

  煙突の吸い込みで煙は外に出ません。

 ③煙突を建物の外に伸ばす。

  縦引きの長さは横引きの長さの1.5倍以上必要

 ④建物貫通部分は火災の起きないように注意!

 

5 火入れ

 出来上がったら焚いてみる。

 空気の取り入れは焚口の蓋の開け閉め具合で調整。

 これで十分! 暖かいですね。焼き芋も焼けます。

 

 

周囲はいつも整理整頓。燃えやすいものは置かない。

火災には十分注意してください。

 

 下の写真はクリックで拡大します。