クレーン伐採(ケヤキ)

久々のクレーン伐採です。

現場は上田市の丸子で、新築予定地の日影になる木の伐採を行いました。

根元から何本にも分かれたケヤキの大木で、横に大きな枝が何本も張り出していました。

伐採の要領は、枝先に玉掛けし枝の付け根上部に受け口を作り、追い口を下から切り上げて微妙にツルを残し、クレーンで枝を起こしていって垂直になったところで切り離します。そうすると衝撃がなく静かに枝は吊るし出されていきます。

伐る人とクレーンのオペレーターの息が合わないとうまくいきませんが、お互い慣れたものでアウンの呼吸で作業は進みます。

一日がかりの作業でしたが、かなり日あたりが良くなりました。