大木の折れた枝落とし

懐古園内にある藤村記念館前の樹齢500年と言われている大ケヤキの枝が先日の強風で折れて木の上に引っかかっておりました。

 

訪れる人の歩くところの真上なので、落ちてきて当たったら大変です。

依頼を受け早速対処しました。

 

はしごは届きません。ツリークライミングのロープをかける要領で、パウチという重りをつけた丈夫なスローラインという紐を投げて枝にかけます。そしてロープにつけ替えて遠くの方から斜め横方向にエイヤッと引いて、うまい具合に落下させました。ケヤキの他の枝は全く痛めません。

 

高所作業車などを入れなくてもこういう技術を駆使すれば解決可能。

これで一安心ですね。