なぜ枯れ松は突然倒れるのか

松くい虫の被害で枯れた松が「突然に」倒れています。

そこが道路に面していたり住宅地であったなら、人への被害を考えるとぞっとします。

 

さて、今日は「なぜ松くい虫被害の枯れ松が突然倒れるか」を解説します。

下の写真をご覧下さい。

道路上に倒れた枯れ松の根です。

根っこが朽ち果ててなくなっているのがよーくわかるでしょう。

 

地上部は高く伸びて20m程もありながら、肝心の根っこが張っていないのです。

つまり、地面にほんの少しだけ刺さって立っている。そんな感じなのです。

これでは、少し風が吹いただけでも倒れてしまうのは当然ですよね。

 

お解りいただけたでしょうか。

松くい虫被害の枯れ松はとても危険です。枯れ松を見たら「キケン」と思ってください。

上の写真の松の根っこがポコンと抜けたあとの穴。

これだけのところにビミョーなバランスで立っていたなんて・・・